続・猛犬注意!?

Mes chiens sont chienmechants!! Attention ,s'il vous plait...

<<めまぐるしい一週間③ 20.OCT.2011  | ホーム | めまぐるしい一週間① 16.OCT.2011>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めまぐるしい一週間② 18.OCT.2011 

2011.10.18

10月18日火曜日

0:00から絶食
7:00から絶水
10:00検査

重い気持でキャミック東東京へ。

9:45
何もしらないフランが綺麗な看護婦さんにリードを持たれ、
ちょっとうれしそうに診察室に入っていく後姿がたまりません。

主治医の先生から事前の説明がある間、奥からフランの怒る声が聞こえました。
全身麻酔前の血液検査でもしていたのかもしれません。
こんなとこに連れてきて、ごめんよ…という気持ち。

血管に造影剤を入れて、動脈+静脈の流れも撮るとのこと。
時間は覚醒まで含めて3時間程度。

10:00頃
キャミックを後に駅の方に戻り、朝ごはん。
でも心配であまり食べられません。

ここから3時間の長いこと。13:00-13:30のお迎えだったので、
12:45頃お迎えに向かいます。

13:30
やっと主治医の先生の説明が始まりました。
111018 camic2
[mass]が腫瘤。あまりの大きさに絶句。
胃や肝臓、他の臓器も圧迫されているほどでした。
最大径8センチ…
「でも、癒着や転移ではなさそうなので、良かったと思います」
とのことで、第一段階としては不幸中の幸いの結果でした。

111018 camic3
横から見てもきれいな円形であることが分かります。
にしても大きい。

こんなものを持ちながら、なんの症状もなかったとは。
いや、もしかしたら家族が見逃していたのかもしれないと思うと、
反省しきりです。

それにしても母すら「私だってCTなんて撮ったことないのに」というほど、
詳細に写真を撮ってくれていました。

カラーの断面図まで。
111018 camic1

JINにはまっていた私。
動物もこうやって最先端の検査がすぐに受けられるのは大変ありがたいことです。

111018 camic
レントゲン3枚と画像を納めたCDを持って、掛かりつけの先生のところへ。
これは「戦利品」とかいって、貰ったので、私の手元にあります。
どうすりゃいいんだ??



所見書:(一部省略)

今回の腹部CT検査では、脾頭~脾体部に連続する大きさ:8.3x6.5x8.3㎝、内部にCT値20前後(顕著な増強効果なし)の嚢胞状所見を有する腫瘤性病変を認める。
腫瘤病変により周囲の腹腔内臓器の一部(胃、膵臓、横行結腸、空回腸等)は圧排されており、比較的境界は明瞭であるが、癒着等の否定はできない。後大動脈の一部に狭小化が見られる。

怖いのは腫瘤が破裂して大出血を起こすこと。
先生の予定を調整していただき、翌々日のオペとなりました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chienmechant.blog19.fc2.com/tb.php/1449-7734cefe

 | HOME | 

プロフィール

pirono

  • Author:pirono
  • うお座・O型・ねずみ年・金星人+

    DOGS
    左】フラン 1998-: 売られた喧嘩は買いまくりのヤンキー母ちゃん。リーフ(♂)、プリン(♂)、ミエル(♀)、ノエル(♂)の4兄妹を一時間で産み落とす!

    中】ノエル2000-2016☆:フランの三男。超脳天気、他人に興味なし、ボール大好き、走るの大好き、タフな男。かつてはアジリティー男子

    右】ミエル2000-2016☆:フランの長女、兄妹の紅一点。冷静沈着でも神経質。すばしっこさは誰に似たのか??? アジリティーでおりぼんいくつか貰いました。


    http://blog.goo.ne.jp/hfmnt/
    以前のブログ『猛犬注意』はこちらから…
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。