続・猛犬注意!?

Mes chiens sont chienmechants!! Attention ,s'il vous plait...

<<みんなでごはん  | ホーム | homework>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検査 

2010.08.31

毎年会社の日帰り人間ドッグを受けています。
これまでひっかかったことがなかったのですが、今年はバリウムで見事にひっかかりました。
つまり、胃になにかある・・・と。

最後の問診時にすでにレントゲン写真ができあがっており、
その時点で「なにかありそう。泡かもしれないけど、胃カメラになるかも」
と、言われ、仰る通りに。

えーーーーー胃カメラは絶対無理~~~~!!!

そう、私は風邪で喉をみるときのあのアイスの棒状のステンレスの板とか、
インフルエンザ検査用の粘膜を取る棒とかがもうかなり苦手。

インフルエンザの検査なんて、先生が笑っちゃうくらい「オエオエ」して
「笑いごとじゃないっ、早くしてーー」って言う始末。
しかも結果陰性。やったかいなし。(あ、ありか)

だから喉の麻酔だけじゃ、200%地獄の苦しみを味わうわけです。

で、調べました。静脈麻酔下で胃カメラを楽に飲める病院を。

某大学病院が上手らしいというネット情報の元、まずは検査結果を持参して
消化器内科を受診し、内視鏡を予約。
なんと、約一ヶ月先・・・。

その間に悪化しちゃったらどうするわけ???
でも先生、至って冷静。


内視鏡当日。
もちろん絶食。
カーテンで仕切られた向こうにカメラ機材がずらりと10台くらい並んでいる。
カメラの黒い管が見える!
あれが口に入るなんてーーーー。

でも、すでに検査がはじまっているのに、オエーーとか言う声まるで聞こえず。
終わった人が口元をティッシュで拭きながらベッドに横たわって運ばれてくる。
「あのくらいの意識はあるんだ・・・」と思って見ていました。

まず胃の中の泡を取る薬を飲まされる。ちょっとオイシイ。
次、喉の麻酔。とろっとしたものを喉の辺りで止めて少し待つ。
待ってる時間が長い。ちょっと飲んでしまう・・・

待ち時間が終わるとそれをゴクリと飲み込むのだけど、苦い!!
麻酔が効くと、歯医者の麻酔が喉に回った感じで、つばを飲み込むのが
ものすごく気持ち悪くて、ドキドキしてきた。

名前を呼ばれて一番はじっこのカーテンに入る。
ベッドに横になるよう指示されて、体を固定された。
手に脈拍や酸素量などと図るクリップみたいなものをはめられた。

先生が挨拶にきた。「宜しくお願いします」

私は麻酔なんて始めての経験。
どうなるのかちょっとわくわくしていて、なるべく起きていようと思った。
頑張ってその感覚をじっくり味わいたかった。

先生が「はい、では麻酔打ちますねー」と言って注射をした。

まだ、まだ大丈夫。

来るか?
来るか?

何秒くらい経ったか、ずっと見ていた薬の白い棚がグラっと揺れた気がして、
私の視線がぐーーと天井に向いていくのを覚えている・・・ZZZ

マウスピースをはめるのも知らない。
先生が「見えますか?」とか看護婦さんが「頑張ってくださいねーー」って
言った気がするけど、本当が夢か分からない。

次のうっすらとした記憶は、検査が終わってからの処置室(睡眠室)に移動したところ。
ノースリーブだった私に看護婦さんが「寒いから上までタオルかけますね」と
言ったので「うん」って応えたこと。

「アーーー気持ちよく寝たねた!」と起きて時計を見たのは検査が始まってから一時間後くらいだった。

本当に終わったんだーーーと思って、ぼーーーと目を開けていたら、
看護婦さんが見つけて「そのままちょっと待って」といっている。
「あいよーーー」っと心の中で返事をして、
まだちょっと寝ようかなとも思っていた。

麻酔は覚めたようでもかなりぼーーーっとしているから、
ベッドから転げおちる可能性もあるらしい。
体を起こして足を下に垂らし、今日の検査の説明と帰りは車に乗らないこと等を
説明されるも、かなりぼーーーーーっとしている。

で、いざ歩こうと思ったら、膝がちょっとがくっとした。
「おお、麻酔の威力恐るべし!」

ゆっくりロッカーから荷物を取って、会計を済ませて帰ることにした。
銀座で買い物したくて、寄り道する気マンマンだったのだけど、
眠気が抜けず、だるさもあったので断念。

周りを見たら、ほとんど付き添いが一緒だった様子。

にしても本当に楽な胃カメラだった。
華岡青洲さんに感謝。

そして一人寂しく家路につく(笑)
お昼にマックを買いながら・・・












スポンサーサイト

コメント

No title 

お疲れさまでした~(^^;
私も胃カメラはぜっっったい鎮静剤ナシじゃできないんですよ!
持病もちなんで毎年検査はやってるんですが、
こっちに来てからも病院探しの基本は麻酔アリでやってくれる
とこ!でした。麻酔が効きだしてふわーんってなる所、
なんかクセになります(爆)終了後しばらくしたら
意識があるハズなのに、その間の事があんまり
記憶に残らないです。検査後にはなまるうどんで食べた
いなり寿司をやたらウマイと絶賛してたらしいのですが、
全然記憶にありません・・・

No title 

ちえこさん

ね、あんなの鎮静剤なしじゃ絶対無理ですよね?
っていうか、そんな起きた後のことも記憶にないなんて!
私は友達にメールしたりしたので、その辺の記憶はしっかりしてます。
でもとにかく気持ちよく眠れて「快感」になるって感じ、
すっごくよく分かりますよ!!

今は沈静剤が普通になってるのかもしれないですね。
でも、人間ドッグやる病院は「喉の麻酔しかしません!」って断言してるので、「そんなとこで絶対やるもんか!」って違う病院にしました。
でも、総合病院なので、なんか安心できるし、なにかあったときの対応もきっと早いのではないかと思ってるので、良かったです。

今日はすごい雨ですね~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chienmechant.blog19.fc2.com/tb.php/1212-b90efed0

 | HOME | 

プロフィール

pirono

  • Author:pirono
  • うお座・O型・ねずみ年・金星人+

    DOGS
    左】フラン 15歳 : 売られた喧嘩は買いまくりのヤンキー母ちゃん。リーフ(♂)、プリン(♂)、ミエル(♀)、ノエル(♂)の4兄妹を一時間で産み落とす!

    中】ノエル 12歳 :フランの三男。超脳天気、他人に興味なし、ボール大好き、走るの大好き、タフな男。かつてはアジリティー男子

    右】ミエル 12歳 :フランの長女、兄妹の紅一点。冷静沈着でも神経質。すばしっこさは誰に似たのか??? アジリティーでおりぼんいくつか貰いました。


    http://blog.goo.ne.jp/hfmnt/
    以前のブログ『猛犬注意』はこちらから…
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。