続・猛犬注意!?

Mes chiens sont chienmechants!! Attention ,s'il vous plait...

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大根飴 

2011.10.30

咳が止まらないという話をしていたら、
「うちの犬が咳をしていたとき、『大根飴』を作って飲ませたら治ったよ!」と
いうパピヨン仲間からの情報。

大根餅は大好きだけど、大根飴って知らない。

大根にはちみつかけるんだけど、コドモや子犬は「はちみつ」に抵抗力がないから
水飴で作ったんだって。そしたら咳が止まったと。

ならば、私も試してみよう。
大人だからはちみつで大丈夫!
(いい大人だ!)


111030 ame

で、とろりとはちみつをかけてみたら、みるみるうちに水が出てきた。

はちみつ大好きな私は、すぐにスプーンですくって舐めてみましたよ。

「旨い!!」

生姜入れても美味しいかもね!
喉によかろうが悪かろうが、美味しいから舐めるで。

咳はまだ少し出ています。
スポンサーサイト

こえだちゃん 

2011.10.30

111015 koeda
近所のタカラトミー本社のショーウィンドウはとても楽しいのです。
フランがオペになる前に通りかかったとき、こえだちゃんが!!

「なつかしい!!」

幼稚園のとき、「きのおうち」が欲しかったけど、私はきのおうちを持ってなく、
友達の家でよく遊んでいました。
その後、おじいちゃんが『パノラマハウス』っていうゴージャスなおうちを買ってくれたのだ!

111015 koeda1
いや~~~懐かしい!
触りたい!

111015 koeda2
欲しくなっちゃうなあ(笑)

でも、こえだちゃんの顔もやっぱりちょっと変化してるみたい。
キャラもなんだ増えてる!

女子メルヘンワールドだわ。
こういうちっこいの、大好き。

母と子 

2011.10.30

111030 fm
フランとミエル。母と娘

111030 fn
フランとノエル。母と息子

微妙な距離を保って、平和な感じ。

男子 

2011.10.30

111030 non

面白い顔をしていました。
寝起きのおっさんです。

最近耳が少し遠くなっていることに気が付きました。
歩いているときに「ゆっくり」って言えばちょっとゆっくり歩いていたのに、
聞こえないふりをしていると思っていたら。

どうも耳が少し遠くなってる様子。
11歳ですからね。そろそろそういうこともあるのかも。
いつまでも子供じゃないんだよね…


111030 non2
その後はクッションに顔をうずめて寝ておりました。

病理検査の結果 

2011.10.30

111020 noel
いつの間にかソファに上るようになり、でも降りるのは怖いらしく、
おりたいときは下せと鳴いていたころです。

今はもう上り下り難なくこなし、散歩では小走りも。
家では新聞を運び、おやつを催促し、すっかり元通りです。


10/27 やっと、フランの病理検査の結果が出ました。
111027.jpg
写真で文字が読めるかと思いますが、悪性腫瘍などではありませんでした。

『過形成結節』脾臓を構成するいくつかの組織成分の局所的過形成からなる病変です。
摘出組織に関しては、予後良好と考えられます。
と、いう結果でありました。

御心配していただいた皆様ありがとうございました。

111021 franc
「なんか可愛くなった気がする」と母が言っていましたが、気のせいです。
前から可愛かったはず、はずです。
いや、そうに違いありません。

そして、フランの結果が分かった日、ノエルが一週間ぶりにボール遊びを始めました…
たぶん、こちらの雰囲気を悟っているんだと思います。
感心しきり…ミエルもなんか甘えん坊だし。

「きゃわうぃーねぇ~」としつこくしたら怒られましたけど。

111029 non
遊び疲れて目がいっちゃってます。

111029 fm
そして、日常がじょじょに戻りつつある感じです。
平和ってありがたいです。
ゴロゴロねててくれるだけでありがたいです。

寝息とか、体温とか … 
 
きっと、天国に先にいっている仲間たちが、「まだ来てくれるな」と
押し返してくれたのではないかと思っています。
フランが行ったら天国の治安も乱れる可能性大ですからね。
危険危険。

と、いうことで、カイリーにとりあえずお花を。
守ってくれてありがとう。

111020 hana

天国に先に逝っているパピヨンの先輩たちにも、感謝をこめて…


来週火曜日に抜糸予定です。

術後5日目のフラン 

2011.10.25

今日はまた、ますます元気になってきました。
昨日と違うこと。

動きが軽やか
ミーノンが近くに来ても平気
「ワン」と大きい声が出る     等々

はやく窮屈そうなさらしをとってあげたいのですが、
診察は木曜日。
あと一日我慢だね。


ご飯もガツガツ食べています。
お婆さん、がんば!!

おかげさまで… 

2011.10.24

フランは順調に日々回復しています。
その様子が目に見えてわかります。

術後4日目にあたる今日はソファに飛び乗りました。
避妊手術後は翌日飛び乗っていたので、そこは13歳、
この位の時差は生じるのかもしれませんね。


そして短めの散歩では飽き足らず、「もっと行く」と踏ん張るので、
負けてあげました。

このままあのお婆さんは我儘婆さん道まっしぐらかもしれません。
もういいです。
元気なら私たちは、あなたのしもべ。


ご飯はオペ翌日の昼くらいから少しずつ、夜からはふつうに食べておりますが、
お腹のスペースが空いたせいか、食欲満開です。

ガツガツ食べて、ノエルの皿を覗き込み、怒られているのに
耳が遠いから聞こえない。

たちの悪い婆様フラン。 素敵♪

フランは、ガウガウして、知らんぷりして、だらだらしてこそフランです。


そして今回は掛かりつけの先生にただただ感謝です。
1998年7月14日に我が家にやってきたフラン。
その10日後にオープンして掛かりつけの病院になりました。
「フランのための病院ができたよ!」と喜んだのを覚えています。

フランの出産、多発性関節炎、ノエルの目と、その時々でお世話になりました。

それに友達の妹さん(獣医さん)も何かあったら電話だけでも!と、
自分の携帯と自分が勤務する救急夜間病院の電話番号を教えてくれました。

なにより精神的に助けてもらったパピヨンの先輩、私の犬好きの友人たち。
皆に助けてもらいました。

ありがとうございました。


先生のブログはこちらから。



めまぐるしい一週間③ 20.OCT.2011 

2011.10.20

10月20日 木曜日

0:00~絶食/絶水
11:30お預け
  血液検査(術前検査、血小板:異常なし)
13:30~オペ

17:00頃 麻酔から覚醒した旨確認
 母が面会へ
 「思ったより、割としっかりしていた」
18:30 私が病院へ


111018 camic1
結局お腹に入っていたこの丸いものは、

111020 tekishutsu1
こんなものでありました。
脾臓はまるでレバー。

111020 tekishutsu2
5キロ程度の体のお腹の中にこんなものが入っていたなんて。
毎日触っていたら、気づいていたかもしれません。

111020 franc2
当の本人は暑いのかハアハアしておりましたが、ヨロヨロ寄ってきて、
「その辺、さすれ」と手をよこします。
頑張ったね~~~と涙の面会。

20分ほどそうやってラブラブしていたら、診察を終えた先生が
「フラン連れて帰る??」と、夢のようなお言葉を。
「え!いいんですか、連れて帰ります!」と返事をして、
念のため奥サン先生にも確認。OKが出たので、点滴を外してもらい、帰宅となりました。

フランは先生や看護婦さんが手を出そうとするとかなりガウガウ抵抗する
ようになっており、私が抱っこして診察室まで。
エリザベスカラーを付けるのも怖いくらい。

明日朝いちばんの診察を約束して、バギーで帰宅しました。
111020 franc3
すぐにケージを出して入れましたが、痛いのか伏せができず、
でも、睡眠薬と鎮痛剤でかなり眠たいのでこっくりこっくり。

0:00就寝
1:00ケージから「出せ」の指示
 排泄かと思い、リードをつけてトイレに促すと、二階を見上げて
 「あたしの寝床、二階だしさー」という感じ
 「今日はダメです、ここで寝るのです」と、ケージへ。
3:00 やっと伏せをして就寝


10月21日
9:00 診察
 傷も問題なし、抗生物質を注射(すごい怒りん坊)
 激しい動きがないようなら、ケージから出してよし
 ごはんも水も通常でOK

10:30 帰宅して水をあげるとやっと水を飲む
13:00 ケージから解放
18:00 軽く排泄の散歩
    オシッコ5回ほど、小さいうんちが出る
18:30 ふつうの食事をガツガツ食べる。
23:00 二階のいつもの場所(母の隣)で就寝
   
結局ケージ内よりもフリーの方が心地よく寝ていました。




めまぐるしい一週間② 18.OCT.2011 

2011.10.18

10月18日火曜日

0:00から絶食
7:00から絶水
10:00検査

重い気持でキャミック東東京へ。

9:45
何もしらないフランが綺麗な看護婦さんにリードを持たれ、
ちょっとうれしそうに診察室に入っていく後姿がたまりません。

主治医の先生から事前の説明がある間、奥からフランの怒る声が聞こえました。
全身麻酔前の血液検査でもしていたのかもしれません。
こんなとこに連れてきて、ごめんよ…という気持ち。

血管に造影剤を入れて、動脈+静脈の流れも撮るとのこと。
時間は覚醒まで含めて3時間程度。

10:00頃
キャミックを後に駅の方に戻り、朝ごはん。
でも心配であまり食べられません。

ここから3時間の長いこと。13:00-13:30のお迎えだったので、
12:45頃お迎えに向かいます。

13:30
やっと主治医の先生の説明が始まりました。
111018 camic2
[mass]が腫瘤。あまりの大きさに絶句。
胃や肝臓、他の臓器も圧迫されているほどでした。
最大径8センチ…
「でも、癒着や転移ではなさそうなので、良かったと思います」
とのことで、第一段階としては不幸中の幸いの結果でした。

111018 camic3
横から見てもきれいな円形であることが分かります。
にしても大きい。

こんなものを持ちながら、なんの症状もなかったとは。
いや、もしかしたら家族が見逃していたのかもしれないと思うと、
反省しきりです。

それにしても母すら「私だってCTなんて撮ったことないのに」というほど、
詳細に写真を撮ってくれていました。

カラーの断面図まで。
111018 camic1

JINにはまっていた私。
動物もこうやって最先端の検査がすぐに受けられるのは大変ありがたいことです。

111018 camic
レントゲン3枚と画像を納めたCDを持って、掛かりつけの先生のところへ。
これは「戦利品」とかいって、貰ったので、私の手元にあります。
どうすりゃいいんだ??



所見書:(一部省略)

今回の腹部CT検査では、脾頭~脾体部に連続する大きさ:8.3x6.5x8.3㎝、内部にCT値20前後(顕著な増強効果なし)の嚢胞状所見を有する腫瘤性病変を認める。
腫瘤病変により周囲の腹腔内臓器の一部(胃、膵臓、横行結腸、空回腸等)は圧排されており、比較的境界は明瞭であるが、癒着等の否定はできない。後大動脈の一部に狭小化が見られる。

怖いのは腫瘤が破裂して大出血を起こすこと。
先生の予定を調整していただき、翌々日のオペとなりました。

めまぐるしい一週間① 16.OCT.2011 

2011.10.16

フランが脾臓の摘出手術を受けました。
脾臓にできた腫瘤の摘出の経緯覚書です。


10月16日(日)
フィラリアの薬をもらいに毎月一回行く病院で、掛かりつけの先生の健診を受けた三匹。
先生の腹部触診にてフランの腹部に何かがあるとの指摘。
すぐに、
 エコー
 レントゲン
 血液検査   を受けました。

レントゲンに切り替えたところ、
腹部にかなり大きな円形のものがはっきり写りこみました。

「よろしくないものです」ということで、いずれにせよ摘出が必要になるだろう
との見解。頭は真っ白です。

脾臓自体の腫瘍
他臓器からの転移

脾臓は血管がたくさん集まる器官であるので癒着や転移の場合、
割と困難な手術になるということでした。
その際は外科専門医を紹介するということでまずは現状把握のためCT検査となりました。

掛かりつけの病院にはCTがありません。
でも幸い都市部にはすぐに予約の取れる画像診断センターがあり、
先生が早速予約を入れてくれました。
もちろんCTを撮る際は全身麻酔となります。
画像診断センター:キャミック東東京


ちなみに血液検査の結果、肝臓、炎症性たんぱく、白血球等
どれもこれでも正常値でありました。


連休-水元公園- 

2011.10.10

3連休の中日、気温もそんなに上がらない様子だったので、
チャリチャリで水元公園に行くことにしました。
久しぶりの公園です。

111009 3 non
でも、残念ながらドッグランは草ボウボウ。
なんでちゃんと手入れしないのよ…管理してる人がいるのに。
怠慢。

ノエでもどこにいるか…

111009 2 non
あ、出てきた!!

公園は秋の気配が少ししてきて、良い感じ。
犬たちもやっぱり嬉しそう。
111009 1 parc

111009 4 prin
すぐに、パピヨンさんがやってきたと思ったら…!!

お兄ちゃん!!

なんと、プリン兄ちゃん一家が偶然やってきて、
久しぶりの再会となりました!!
嬉しい偶然にびっくり!!

111009 6
お兄ちゃんは立派なコートをふわふわさせてやってきて、とても兄弟とは思えない(笑)

111009 5
ね!

妹のコナツちゃんももちろんいっしょです。
ナッツは二歳になってもオチビさんで赤ちゃんみたいに可愛いのです。
111009 7 natsu
でも、さすがに若くてハイパー娘なので、次々新しいワンコを追いかけまわして、
まるでリスのようでした!

111009 8
新しいコが来ると必ずチェックして…
 (ノエルとナッツ:ナッツのしっぽがものすごく伸びて、引きずるほどになっていました!)

111009 9
ミエルも参加。
どんな情報を得ているやら。

111009 10
しつこい…

111009 11
ちょっとノエルににた、白い可愛いポメラニアンさんが
ノエルに責められて、お腹見せちゃってます…


散々遊んで、ニンゲンたちの腹ごなしに付き合ってもらい、
すこーしお散歩して、お兄ちゃんたちと「また会おうね」と約束して帰路につきました。

これから公園が楽しい季節です。
今度は森の中を歩きにきますー。

御宿旅行 二日目 ② 

2011.10.01

ホテルをチェックアウトしたあと、ニンゲンたちは干物を物色し、それぞれ買い物をしてから目的地へ。

まずはハーブの苗、お野菜、レストラン、ショップなどがあるHERB ISLANDへ。

ハウス内で栽培されているハーブ、ただ生えているだけなのに、
あれだけの量になるとほんのり香りが漂って、とてもよい香りです。

111001 10 HERB

私はここでスペアミントとペパーミントの『気分爽快ティー』と、レモングラス、レモンバーム、レモンバーベナ、レモンピール、ペパーミントが入った『レモニーミント』というドライハーブを購入しました。
二つをブレンドして飲むと、私が大好きなハーブティーの味になって、大満足。
ネットでも購入できるので、今度はネットで買おうかな~と思っています。

それから『チャイミックス』も購入。
牛乳を沸騰させ、そこに紅茶の茶葉をいれてミルクティーを作って仕上げにこのスパイスを入れると
風味の良いチャイができます。
ちょっと涼しくなってきたので、夜飲むのに最適でした。

ここで集合写真でも撮ろうぜ!と、奴らを並べてみたのですが…
111001 11
111001 12
111001 13
111001 14
111001 15
ザンバラザンバラ…なかなかまとまらない6匹さんたち…

111001 16
まあ、こんなもんで。
誰一人カメラ目線ではありませんけどね。
それも味ってもんです。


その後、最後の寄り道地、九十九里へ。

111001 17
歩くよ~

111001 19
ミエチャンも楽しそうですね~

九十九里はけっこう涼しく、長そで二枚でも寒いくらいでした(私は)

111001 20
はじめての波は怖いよね~。リアムが飛び跳ねて波をよけています!

111001 21
二人で楽しそうだよ~~

111001 22
海が嫌いなもなかちゃんと、老犬たちは若い人たちが遊ぶのを見ていたのですが、
そのうち小太郎くんに触発されたノエルが私のバッグからボールを探りだし、
「もってんだったら、投げろ」と…

111001 25
爺さん、案外元気です。
持続力はなくなったものの、まだ遊びたい気持ちはたくさんあるのだね~

111001 26
コタ君と追いかけっこ?しながらボールを奪いあい、楽しそう。

111001 27

111001 28
何回か投げて取ってきてをして、終了~
足に負担の少ない砂浜は良いかもしれませんね。


さて、ニンゲンたちはこの後、『浜茶屋 網元』にて、美味しいランチ♪

テラスがあるので、わんこも一緒に入れますよ。

111001 29
名物のはまぐり。
プリプリの炙りたてハマグリ、絶品♪

私はあじのたたきとごはんと味噌汁!
111001 30

これが旅行の食べ納めとなりました。

フラン13歳、ミーノン11歳となった今年。
これからあと何回いっしょに旅行ができるかな。
毎回貴重な、いっしょの時間です。

御宿旅行 二日目 ① 

2011.10.01

111001 1
ちょっと雲は多いけど、風の無い穏やかな朝です。
犬たちにも優しい日差しでありがたいありがたい!

ちょこっと海辺でお散歩していたら、二階のドッグランにカレリーさんたちがいるみたい!!

111001 5
うひょ~~~~
やっぱり若いコの動きは老犬のそれとはまったく違います!
小動物がすばしっこく走るように、ドッグラン内を見事に駆け抜けております!!

111001 2
カレン「おばちゃん!おばちゃん!」
ミエル「ふーーー。走るのめんど…」

111001 3
カレン「おーばーちゃーーーーん」

111001 7
リアムくんも小太郎君も元気元気! 若いって素敵。
あれ?右に白いおっさんが…

111001 6
子犬のなりをした11歳の白おっさんが、年甲斐もなく、若人を追いかけております…
あまり無理せぬよう…と言っても無駄か。

111001 4
もなかさんは人工芝がお気に召さず…
もなか「こんなチクチクするところでなんてあたち、遊べないわ」

111001 8
ミエル「男ってバカだわ。朝から大はしゃぎちて…」

クールですよ、ミエルさんはね。
でも男は死ぬまでああなのですよ、放っておきましょう。

さて、ニンゲンたちはおなかがすきました。
ご飯にしましょう。

111001 9
こんな立派な和食朝ごはん、素敵です。
真あじが美味しかったので、目の前のおさかな屋さんで購入してしまいました。


さて、残念ながらホテルをチェックアウトの時間になりました。
スタッフのみなさんに見送られ、寄り道しながら帰路へ…


…続く。

 | HOME | 

プロフィール

pirono

  • Author:pirono
  • うお座・O型・ねずみ年・金星人+

    DOGS
    左】フラン 1998-: 売られた喧嘩は買いまくりのヤンキー母ちゃん。リーフ(♂)、プリン(♂)、ミエル(♀)、ノエル(♂)の4兄妹を一時間で産み落とす!

    中】ノエル2000-2016☆:フランの三男。超脳天気、他人に興味なし、ボール大好き、走るの大好き、タフな男。かつてはアジリティー男子

    右】ミエル2000-2016☆:フランの長女、兄妹の紅一点。冷静沈着でも神経質。すばしっこさは誰に似たのか??? アジリティーでおりぼんいくつか貰いました。


    http://blog.goo.ne.jp/hfmnt/
    以前のブログ『猛犬注意』はこちらから…
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。